Trail Making Test 日本版(TMT-J)

新興医学出版社

 特徴
  • TMTは,幅広い注意,ワーキングメモリ,空間的探索,処理速度,保続,衝動性などを総合的に測定でき,近年では自動車運転の適性に関する神経心理評価法の一つとしての位置づけも高まっています。
  • TMT-Jでは,これまでのTMTの問題点を改善し、20~89歳までの健常者を対象とした標準化を行いました。
  • 外傷性脳損傷による高次脳機能障害,軽度認知障害と比較的軽度の認知症,前頭前野損傷に代表される比較的純粋な遂行機能障害の者等の評価法として,幅広く活用いただけます。
  • 健常者データに基づく年代別の所要時間判定表を収載
  • 所要時間と誤反応数に応じ記録用紙上で総合判定が可能
  • 再検査の練習効果を減らすために2セットの検査用紙を用意
  • 従来の検査用紙における標的の分布やトレイル長の問題点を改善
 編集  一般社団法人日本高次脳機能障害学会
 著者  一般社団法人日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test 委員会 
 適応年齢  20~89歳
 所要時間  約15分
 検査器具一式  5,400円(5,000円+税8%)
●マニュアル 1部(A4判,16頁)
●検査用紙2セット
  -セット1 Part A・B 本試験用 各20部
  -セット2 Part A・B 本試験用 各20部
  -セット1・セット2共通 Part A・B 練習用 各40部
●記録用紙 40部
※マニュアル,用紙のみの販売はいたしておりません 

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 精神・リハビリ・認知