SRS-2対人応答性尺度  ※新刊 2017年12月20日※

日本文化科学社

 特徴
  • 日常生活での行動観察から、自閉スペクトラム症(ASD)と関連する症状を測定する検査です。容易に実施でき、学校、クリニック、病院等さまざまな場面で、スクリーニングや重症度の評価のために活用できます。
  • 65項目からなる4件法による質問紙で、保護者や教師など、対象者の日常をよく知る人が回答し、検査者が採点します。
  • 合計粗点と総合T得点により、ASDと関連した社会的障害の重症度を量的に把握することができます。
  • ASDの中でその重症度を捉えることにも、ASDと他の障害との間を識別することにも優れています。
  • 集団を対象とする一次スクリーニングに加え、相談や受診の場面での二次スクリーニングとしても有用です。
  • 研究または症状の改善に特化した臨床研究において利用できる5つの治療下位尺度(社会的気づき、社会的認知、社会的コミュニケーション、社会的動機づけ、興味の限局と反復行動)が算出できます。
  • DSM-5互換尺度として、社会的コミュニケーションと対人的相互交流(SCI:Social Communication and Interaction)と興味の限局と反復行動(RRB: Restricted Interests and Repetitive Behavior)の2つの下位尺度も提供しています。
  • 検査用紙には、実施用の質問用紙、採点に必要なワークシート、結果を検討するためのプロフィールシートが備わっています。
 原著者  John N. Constantino、Christian P. Gruber
 原版出版社  WPS 
 日本版作成  神尾 陽子 
 適用範囲  2歳半 ~ 18歳
 実施時間  15分 ~ 20分
 使用者レベル  B
 マニュアル  10,800円
(本体 10,000円)
 幼児版検査用紙セット(2歳半~4歳半)  10,800円(10,000円+税8%)
  20名分
児童版検査用紙セット(4歳~18歳)  10,800円(10,000円+税8%)
 20名分
 小・中学生のみT得点利用可 

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動, カウンセリング・コミュニケーション