JMAP日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査

20070923_820646

パシフィックサプライ

 特徴
  • 1982年に発表された検査で、その検査法としての質は Buros Mental Measurement Yearbook において「軽度の前学業的問題をもつ就学前幼児のスクリーニング検査として最適” (De Loria, 1985)との論評を受けるなど、高い評価を得ている
  • 検査項目は可能な限り原版を尊重し、日本の文化、日米幼児の発達差などを検討した結果、新項目の追加、旧項目の削除、手続きの変更、検査道具の変更等を加えている  
 編著  日本感覚統合学会
 適用範囲  2歳9ヶ月~6歳2ヶ月
 用具セット  172,800円(160,000円+税8%)
 解説書  JMAP-その解釈及び関連研究-   3,024円(2,800円+税8%)
 記録用紙のみ  5,400円(5,000円+税8%)
 (30枚入り)
 検査用紙のみ  5,184円(4,800円+税8%)
 (50枚入り)
 採点用紙のみ  各3,024円(2,800円+税8%)
 (20枚入り)
 ※Ⅰ~Ⅶ群の7種類あります
 S-JMAP採点用紙  各1,080円(1,000円+税8%)
 (10枚入り)
 ※年齢別で5種類あります

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動