浜松方式高次脳機能スケール

2000_s

新興医学出版社

 特徴
  • 大脳内の病巣によって生じた高次脳機能障害の評価に、発症後急性期から慢性期まで適応できる、浜松方式高次脳機能スケールについてわかりやすく解説したものである。初版がたいへん好評につき、補遺として図形模写-構成障害を加え、充実させた。
 著者  今村 陽子
 臨床高次脳機能評価マニュアル2000  6,480円(6,000円+税8%)
 ※書籍の販売は終了しました
 記録用紙  1,944円(1,800円+税8%)
(15部入)

一覧に戻る

Category -個別検査, 言語