PVT-R 絵画語い発達検査

pvt_r

日本文化科学社

 特徴
  • 言語の理解力の中でも特に基本的な「語いの理解力」の発達度を短時間に正確に測定する
  • 4コマの絵の中から、検査者の言う単語に最もふさわしい絵を選択させるという、わかりやすい手法を採用している
  • 種々の心理検査を組み合わせて行う場合の導入検査として最適
  • <1991年修正版PVTからの主な変更点>
    ◇ PVTの語いを基本に、この間の子どもの言語環境の変化を考慮し、時代に合わなくなった語の削除や入れ替え、今の子どもたちにとって重要な語の追加を行った
    ◇ 適用年齢の上限をこれまでの10歳11カ月から12歳3カ月に引き上げるとともに、難易度の高い課題も新たに追加し、語い数を68語から89語に増やした
    ◇ 実施や記録がしやすいよう、提示する図版と記録用紙を別にした。図版は提示や保管に便利なリング綴じにし、記録用紙は正確な実施に配慮した
    ◇ 図版の絵は、すべて描き直して子どもの注意を引きやすいように2色刷りからフルカラーに一新した
 著者  上野一彦、名越斉子、小貫悟
 適用年齢  3歳0ヶ月~12歳3ヶ月
 所要時間  15分(個別実施のみ)
 手引  3,240円(3,000円+税8%)
 記録用紙  6,480円(6,000円+税8%)
 (30名分)
 図版  16,200円(15,000円+税8%)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 言語