TOPIC

k1080-k

実務教育出版

 特徴
  • 【実施時間は学校時間で1時間】
    2時間版の適性検査から能力・性能スケールをはぶき、実施時間の短縮を図るかわりに、進路設計で重要なポイントとなる意欲面の検査・調査をさらに充実した。また、検査実施前に記入する「チェックシート」の活用で、短時間での実施が可能になった。
  • 【進路意識を浮き彫りにし、就職・進学への適性を判定】
     職業・専門学校を11分野、大学・短大を16分野に分類・統合し、その各分野への適性を診断する。
    また、興味、適応態度、進路に対する悩みや意識などを生徒の進路設計時に必要な各検査・調査により、詳しく判定する。進路学習の最初のガイダンスの一環として最適。
  • 【生徒の希望進路別に詳細情報を出力】
     教師用・生徒用どちらの判定シートにも生徒の希望する職業・専門学校・大学・短大への的確な情報「キャリアプランデータ」が打ち出される。職業や学部学科への詳細な内容とその希望分野へ到達するまでのプロセスなど、生徒の希望進路の理解・実現を助ける資料が得られる。
  • 【生徒の進路設計を促す生徒用判定シート】
     「生徒用アドバイスシート」の作成あたっては、シートにワークスペースを組み込むなど、生徒自身が自分の将来設計を可能にするために最適な個人シートづくりを心掛けた。
     希望の職業に就くまでのプランを記入することで、生徒も楽しみながら、進路への真剣なアプローチができる。
  • 【万全のデータ検証システムが高精度なデータを提供】
     適性検査の編者として、多くの高校から評価を得ている「相談と検査の研究会」が、長年の進路適性についての研究成果と、最新の適性研究の成果を集約し、その妥当性への検討を重ねて作成した、信頼性の高い検査。
  • 【TOPICの活用度を高めるバックアップ資料が充実】
     生徒には、TOPICの結果の見方の解説と、判定結果をもとに自己理解が深められるワークシート等のついた補助教材「TOPIC進路ハンドブック」を進呈する。
    また、教師用として、TOPICの見方や活用法を詳しく解説した「TOPIC教師用マニュアル」を用意している。 
 編著  相談と検査の研究会
 適用学年  高校1~3年
 実施時間  45分程度
 検査価格  860円(消費税込)
 900円(消費税込)※2019年4月より新価格
 ※コンピュータ診断料含む

 

一覧に戻る

Category -進路適性検査(1時限), 高等学校用