幼児発達検査器セット

20140317_539420

竹井機器工業

 特徴
  • ミネソタ就学前尺度の長所をとり、愛研法、田中ビネー法、鈴木ビネー法の問題についても標準化実験によって検討を加え、編成された検査器。
  • 言語面における遅滞児童もそのハンディキャップによっていちじるしい不利を受けないで検査が行え、言語面、作業面、両用の発達測定ができる。
  • 幼稚園、保育所における幼児の発達測定、児童相談所における幼児の発達鑑別、大学の教職課程における児童心理学実習用などに使用されている。  
 セット  129,600円(120,000円+税8%)
 検査票  1,944円(1,800円+税8%)
 検査用紙  2,700円(2,500円+税8%)

一覧に戻る

Category -心理学実験機器, 大学用