ロールシャッハ自動診断システムVer.7.0   ※2017年3月末販売終了※

ror_soft7

日本文化科学社

 特徴
  • スコアリングは片口法に準拠している。また、形態水準評価を4段階に修正したクロッパー法も使用可能
  • 被検者の反応を記号化し、それをパソコンに入力するだけで、記号化リスト、各種の基礎整理表、サイコグラム、量的指数、修正BBS、および解釈文を、自動的に出力する
  • 計算手続きが複雑なために従来ではほとんど利用されていなかった修正BBSが、本システムでは自動的に算出され、手軽に利用することができる
  • 自動解釈文の質は最高水準で、その妥当性は実証的研究により証明されている
 プログラム著作  村上宣寛・村上千恵子
 適用範囲  幼児~成人
 対応OS  Windows7(32bit版、64bit版)
 Windows Vista(32bit版)
 Windows XP(32bit版)
 通常版  75,600円(70,000円+税8%) ※2017年3月31日で絶版となります
 バージョンアップ版  43,200円(40,000円+税8%)  ※2017年3月31日で絶版となります
 ※バージョンアップ版は、すでにロールシャッハ自動診断システム(Ver.6.1以前)をご購入され、ユーザー登録をされたお客様を対象としています。 
 解説書  『ロールシャッハ・テスト-自動診断システムへの招待-』
 9,180円(8,500円+税8%)
 記録用紙  7,776円(7,200円+税8%)
 (20名分)

一覧に戻る

Category -個別検査, 投影法