社交不安障害検査

183691

金子書房

 特徴
  • 過去一ケ月間のSADの重症度を測定します。本検査はSADの診断をするものではなく、対人緊張度とそれによる障害度を測定することを目的としています。治療効果の判定や、SADのスクリーニング検査として用いることもできます。
  • 4項目から、SADの重症度を測定します。
  • 4項目とは
     ◇日常生活上の種々な状況における恐怖度
     ◇日常生活上の種々な状況における回避度
     ◇不安の身体症状
     ◇日常生活支障度
  • 検査用紙1枚で、回答と採点が簡単に行えます
  • 10項目の身体症状について評価します。また、DSM-Ⅳ-TRの診断基準、日常生活支障度を評価する項目も含んでいることが特徴です。
 種類  質問紙法
 対象年齢  15歳以上
 形式  質問項目数29問
 過去1カ月について、「ない」「軽度」「中等度」「高度」「非常に高度」などの5段階で回答します。
 主に個別検査として使用します。
 所要時間  回答:10分程度
 自己採点:5分程度(最終診断は、専門医が行います)
 用紙    (10名分)  2,916円(2,700円+税8%)
 実施の手引  1,944円(1,800円+税8%)
 導入検討セット  2,818円(2,610円+税8%)
(実施の手引、用紙3名分)
 ※導入検討セットは、弊社のオリジナル構成となっています。

 

一覧に戻る

Category -個別検査, うつ・ストレス・不安