EAS自我態度スケール

W3014-c

実務教育出版

 特徴
  • 交流分析(TA)理論を背景に、ストレス対処行動に影響を与える人格特徴や社会との関係性の特徴を査定する。自己採点方式の検査用紙なので、すぐに結果を診断できる
  • ストレス対処行動の傾向の予測を可能とすることで、人格特徴に起因するストレスへの対処行動特徴を肯定的方向へ変容する心理療法の可能性を開く
  • 『ラザルス式ストレス コーピング インベントリー SCI』とのバッテリー組み合わせで、人格特徴によるストレス対処行動のパターンを予測しやすくする
  • 検査の実施方法については、個別検査、集団検査のどちらでも実施可能。また、採点方法についても、シートに採点方法をわかりやすく説明してあり、特別な監督を要せず、簡単に実施できる
  • 企業等での組織的なメンタルヘルス、各種病院・福祉施設等での臨床用、学生相談、産業カウンセリング、研究用の資料としてご利用できる
 著者  日本健康心理学研究所
 適用年齢  成人(18歳以上)
 所要時間  実施時間:約10分  採点時間:約10分
 用紙  8,100円(7,500円+税8%)
 (30名分)
 マニュアル  SCI・EAS共通マニュアル
 860円(797円+税8%)
 サンプルセット  3,560円(3,297円+税8%)
 (マニュアル+SCI・EAS各5部)

一覧に戻る

Category -個別検査, うつ・ストレス・不安