新版STAI状態-特性不安検査

W3011-c

実務教育出版

 特徴
  • 原著者スピルバーガー教授(サウスフロリダ大学)を共同研究者に迎え、英語版『STAI-Y』に改良を重ね、日本の文化的要因を考慮して開発した日本語最新版の「状態 – 特性不安検査」
  • 日本人特有の情緒(感情)を考慮することで、状態不安の密度の測定と人格構成としての特性不安における個人差の測定をより正確なものにしている。自己採点方式の検査用紙なので、すぐに結果を診断できる
  • 検査の実施方法については、個別検査、集団検査のどちらでも実施可能。また、採点方法についても、シートに採点手順と方法をわかりやすく説明してあり、特別な監督を要せず、簡単に実施できる
  • 企業等での組織的なメンタルヘルス、各種病院・福祉施設等での臨床用、学生相談、産業カウンセリング、研究用の資料として利用できる
 著者  肥田野 直、福原眞知子、岩脇三良、曽我祥子、Charles D.Spielberger
 適用年齢  成人(18歳以上)
 所要時間  実施時間:約10分  採点時間:約15分
 用紙(50名分)  8,300円(7,686円+税8%)
 マニュアル  新版STAIマニュアル 860円(797円+税8%)
 サンプルセット  1,690円(1,565円+税8%)
 (マニュアル+STAI5部)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, うつ・ストレス・不安