WHO SUBI

183684

金子書房

 特徴
  • 疾病の有無を判定するのではなく、受検者の心の健康度(陽性感情)および心の疲労度(陰性感情)を測定します。
  • 11の下位尺度から、心の健康度、心の疲労度を評価します。
  • 11の下位尺度とは
      ◇人生に対する前向きの気持ち
      ◇達成感
      ◇自信
      ◇至福感
      ◇近親者の支え
      ◇社会的な支え
      ◇家族との関係
      ◇精神的なコントロール感
      ◇身体的な不健康感
      ◇社会的つながりの不足
      ◇人生に対する失望感
  • 陽性感情と陰性感情は、必ずしも相関せず、それぞれの感情が独立して働くと考えられています。
     例えば、陰性感情が若干強く感じられるようなストレス状況でも、陽性感情を感じることができれば充実した日常生活を送れる可能性がでてくるとされています。これら2つの感情を独立して捉えることで、受検者の状況に応じた働きかけが可能になります。
  • 検査用紙1枚で、回答と採点が簡単に行えます。
 原著者  WHO[Dr.H.Sell, Dr.R.Nagpal]
 構成  大野裕、吉村公雄
 適用年齢  18歳以上
 所要時間  回答:約10分
 自己採点:約5分
 用紙  5,832円(5,400円+税8%)
 (30名分)
 手引  1,296円(1,200円+税8%)
 導入検討セット  1,879円(1,740円+税8%)
 (手引、用紙3名分)
 ※導入検討セットは、弊社のオリジナル構成となっております。

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 健康度調査