CCC-2 子どものコミュニケーション・チェックリスト 《新刊》

ccc-2

日本文化科学社

 特徴
  • コミュニケーションにおける言語的な側面を評価します。
  • 言語障害の可能性が疑われる子どもや、コミュニケーションに問題がある子どもをスクリーニングします。
  • 従来の検査ではとらえられなかったコミュニケーションの語用的側面に焦点をあて、語用障害*を特定します。 *DSM-5における社会的(語用論的)コミュニケーション障害
  • 自閉症の子どものコミュニケーションの特性をとらえるのに適しています。
  • 子どもの日常生活の様子をよく知る人(保護者等)が回答し、検査者が採点と解釈を行います。
  • 質問項目は10領域に分類され、計70問で構成されています。
 原著者  D.V.M. Bishop
 原版出版社  Pearson
 日本版作成  大井学、藤野博、槻舘尚武、神尾陽子、権藤桂子、松井智子
 適用範囲  3歳~15歳
 実施時間  5分~15分
 使用者レベル  B
 マニュアル  5,400円(5,000円+税8%)
 ※B5判
 検査用紙(30名分)  10,800円(10,000円+税8%)
 ※結果整理用の個人票が含まれています。
 採点シート  3,240円(3,000円+税8%)
 ※回答済みの検査用紙に重ねることで、簡易に採点ができます。

一覧に戻る

Category -個別検査, 言語