新版 失語症構文検査(STA)

item_1.jpgg

千葉テストセンター

 特徴
  • 約30年に渡り、統語機能の評価法として広く利用されてきた「失語症構文検査」の改訂版です。この検査によって、統語機能の障害特徴および文の理解・産生力のレベルを客観的に把握し、指導・訓練の手掛かりを得ることができます
  • 今回の改定では、構文訓練の教材を用意しています。統語機能の評価法として定評を得ている検査の改訂版であり、標準化を改めて実施している
  • 統語機能の障害特徴および文の理解・産生レベルを客観的に把握できる
  • 聴覚的理解、読解、産生の各能力を比較できる
  • 統語機能の訓練・指導の手掛かりを得ることができる
  • 構文訓練の教材を利用することにより、有効な訓練・指導が実施できる
  • 病院、学校、施設、言語聴覚士養成校で幅広く利用されている
 新版の主な変更点
  • 新たに標準化を実施
  • 小児データを追加したうえで成人版と小児版を分離
  • 教示の表現と図版の一部を変更
  • 構文訓練用の絵カードを作成
 著者  藤田郁代,三宅孝子
 検査セット  39,420円(36,500円+税8%)
<<セット内容>>
手引書、失語症版図版、検査用紙(20部)、文字カード、構文訓練の教材セット 各1組
 検査用紙(20部)  5,400円(5,000円+税8%)
 検査手引書  5,400円(5,000円+税8%)
(小児版共通)
 構文訓練の教材  8,640円(8,000円+税8%)
内容:文リスト、訓練・指導用絵カード

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 言語