DENVERⅡ デンバー発達判定法

23_180x243

日本小児医事出版社

 特徴
  • Denver Developmental Screening Test は、1960年代にFrankenburg博士(米国・コネチカット州)らによって開発された乳児期から6歳までの発達判定法です。
  • 本法は、子どもを日常診ている専門家が、個々の乳幼児の相対的な発達の遅れと早さを、スピーディーかつ簡便に評価できる発達判定法です。博士は、その後1989年に改訂版DENVERⅡを発表し、現在では世界標準として多数の国・地域で使用されています。
  • 日本では、日本小児保健協会が2003年9月に日本人乳幼児の標準化を完了し、DENVERⅡ-発達判定法-を発表しました。
 原著者  W.K.Frankenburg,M.D.
 編集  社団法人 日本小児保健協会
 対象年齢  0~6歳
 判定用具セット  7,560円(7,000円+税8%)
 解説書  3,240円(3,000円+税8%)
 記録票  2,700円(2,500円+税8%)
(100枚)
 予備判定票  0~9ヶ月用(100枚)   2,700円(2,500円+税8%)
 9~24ヶ月用(100枚)   2,700円(2,500円+税8%)
 2~4歳用(100枚)    2,700円(2,500円+税8%)
 4~6歳用(100枚)    2,700円(2,500円+税8%)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動