SDSA 脳卒中ドライバーのスクリーニング評価 日本版

sdsa

新興医学出版社

 特徴
  • 英国のNouri & Lincoln博士らによって開発された,脳卒中患者が安全に運転可能かどうかを予測するための検査です。
  • これまで英国,米国,北欧,オーストラリアで行われた研究により運転技能予測に有効な検査であることが多数報告されています。
  • 以下の4つの検査で構成されており,注意,空間認知,非言語性推測力等から脳卒中ドライバーの運転適性を評価します。
 著者  NB Lincoln,KA Radford,FM Nouri
 監訳  三村 將,仲秋 秀太郎
 訳  加藤 貴志,椎野 恵美
 検査器具一式  32,400円(30,000円+税8%)
 [セット内容]
 マニュアル(A4判・32頁,1部)、ドット抹消採点シート(1枚)、マトリックスボード(矢印/コンパス 両面1枚)、トラック/乗用車カード(例題カード+①~⑮ 計16枚)、ロータリーカード(例題カード+①~㉘ 計29枚)、道路状況ボード(1枚)、例題用の道路状況カードと道路標識カード(各1枚)、道路標識カード(19枚)
 ※ 検査用紙は含まれておりませんので別途お買い求めください。
 用紙セット  3,240円(3,000円+税8%)
 [セット内容]
 ドット抹消用紙(20部)、採点用紙(20部)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 精神・リハビリ・認知