MEPA-ⅡR

yjimage

文教資料協会

 特徴
  • 人の持っている総ての感覚を活用する「ムーブメント活動」を行うと、“表情が乏しく”、“反応も少なかった”障がいの重い子や成人にも、笑顔が出るようになります。そして、手足や身体の動きの幅も広がり、更に、人とのコミュニケーション能力も増える世界的に知られている技法です。
  • 障害の重い子や成人も、ムーブメント活動を嫌がらずに喜んで行うので、従来の行動療法とは格段の差があります。
  • ムーブメント活動の効果は、個人の健康支援だけではなく、日々のQOL(生活の質・幸福感・満足感)の向上に効果があります。
  • ムーブメント活動は、特定の用具に限らず、その場にある遊具・音楽・用具で、特別支援教育に携わっている人なら誰にでもできる療法です。
  • 約20年前から活用されている『MEPA』を、時代に合うように、活用しやすいように、改善したのが『MEPA-ⅡR』です。ぜひご活用下さい。  
 監修  小林芳文 藤村元邦 飯村敦子 新井良保 當島茂登 小林保子
 著者  小林芳文 藤村元邦 飯村敦子 新井良保 當島茂登 小林保子 阿部美穂子 大橋さつき 碓田美保
 適応年齢  0歳児~成人
 用紙(12名分)  5,184円(4,800円+税8%)
 (A4判 2色刷)
 解説書  3,780円(3,500円+税8%)
 (B5判 2色刷)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動