ADOS-2 日本語版

200309

金子書房

 特徴
  • 検査用具や質問項目を用いて、自閉症スペクトラム障害(ASD)の評価に関連する行動を観察するアセスメントです。
  • モジュールは全5種類。年齢・発達水準に対応した評価が可能です。
  • 発話のない乳幼児から、知的な遅れのない高機能のASD成人まで、幅広く対応しています。
  • 5種類のモジュールから、対象者の①表出性言語水準、②生活年齢、③興味・能力にあったもの、を1つ選択し、専用のプロトコル冊子に従って課題の実施や評定、結果の解釈を行います。
  • モジュール選択方法の詳細は、マニュアルに記載されております。マニュアルに従って、検査の実施時にその対象者に最も適したモジュールをご選択ください。
  • 行動の特徴的な側面を、領域ごとに整理して評価できます。
  • 行動観察の結果を、5領域ごとに数値的に評価することができます。A.言語と意思伝達 B.相互的対人関係 C.遊び/想像力 D.常同行動と限定的興味 E.他の異常行動
  • DSMの診断モデルに基づく判定が行えます。
  • カットオフ値との比較により判定します。モジュール1-4は「ADOS-2 診断分類」、乳幼児モジュールは「ADOS-2 懸念の程度」の判定が可能です。
  • 自閉症スペクトラム症状の程度の目安を知ることができます。
  • 「モジュール1または2を実施した2~14歳」および「モジュール3を実施した2~16歳」の対象者には、「ADOS-2比較得点」が用意されています。「ADOS-2比較得点」は、ADOS-2で評価される自閉症スペクトラム症状の程度を、同じ生活年齢・言語水準のASD児と比較して表す指標です。症状の経時的変化の解釈にも活用できます。
 原著  C. Lord, M. Rutter, P.C. DiLavore, S. Risi, K. Gotham, S.L. Bishop,R.J. Luyster, & W. Guthrie
 監修・監訳  黒田美保 稲田尚子
 種類  自閉症スペクトラム観察検査(半構造化観察・面接)
 主な対象  月齢12カ月以上
 形式  検査用具や質問項目を用いて、対象者に行動観察と面接を行い、自閉症スペクトラム障害(ASD)の評価を行います。
*専用の「プロトコル冊子」を用いて、検査の実施・評定・スコアリングを行います。  
 所要時間  40~60分
 プロトコル冊子(5種類 各1組5名分)  各4,860円(4,500円+税8%)
  乳幼児モジュール(モジュールT):無言語~二語文レベル(推奨年齢:12~30ヵ月)
  モジュール1:無言語~二語文レベル(推奨年齢:31ヵ月以上)
  モジュール2:三語文で話すレベル
  モジュール3:流暢に話すレベル(子ども・青年)
  モジュール4:流暢に話すレベル(青年・成人)
 マニュアル  27,000円(25,000円+税8%)
 スタートセット  594,000円(550,000円+税8%)
 【内容】
 検査用具、プロトコル冊子 全5種類 各1組(5名分)
 マニュアル、キャスター付き専用ケース
 ※スタートセットだけは、金子書房のみの販売です。

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動