MEPA-R ムーブメント教育・療法プログラムアセスメント

 MEPA-R

日本文化科学社

 特徴
  • 子どもの発達を、運動・感覚(姿勢、移動、技巧)、言語(受容言語、表出言語)、社会性(対人関係)の3分野6領域にわたりチェックする
  • 児童の運動技能、身体技能、身体意識や心理的諸技能が今どこまで発達しているかを把握し、発達支援の手がかりを得ることができる
  • 1985年に発行されたMEPAを基本となる構成・内容は変えず、必要なアセスメント項目を増やし、30項目に統一した
  • 全項目の評定に芽生え反応として (±)を加えた。また、プロフィール表で発達の様子を見やすく工夫した
 著者  小林 芳文、(国際ムーブメント教育・療法学術研究センター協力)
 適用年齢  0カ月~72カ月
 所要時間  40分
 手引  2,160円(2,000円+税8%)
 記録用紙   11,880円(11,000円+税8%)
 (30名分) 
 導入検討セット  3,349円(3,101円+税8%)
 (手引、記録用紙3名分)
 ※導入検討セットは、弊社のオリジナル構成となっております。
 関連書籍  ムーブメント教育・療法による発達支援ステップガイド   3,240円(3,000円+税8%)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動