SCAS スペンス児童用不安尺度

introSCAS

三京房

 特徴
  • SCASは子どもの不安症を測定する目的で開発された自己記入式の質問紙です。子どもの不安症は,児童の心理的問題の中で最もよく見られるものとされていて,6~12ヵ月の有病率は10%前後もあると考えられています。
  • DSM-Ⅳ-TRに基づいて作成されており,不安障害全体の程度に加えて,分離不安障害,社交不安障害,強迫性障害,パニック障害,全般性不安障害,外傷恐怖 (限局性恐怖症) の6つの下位尺度を備えています。
  • 回答は「いつもそうだ」から「ぜんぜんない」までの4段階評価です.質問項目は児童にもわかるように平易であり,難しい漢字には振り仮名をつけてあります
  • 標準化が行われ,小学3年生から中学3年生を対象に使用できることが確認されています。使用手引に最新のデータを収載しています。
  • 回答用紙には配点に関する情報が無いので,児童が結果を気にせずありのままを回答することが期待できます.
  • 児童が回答用紙に記入した回答は,自動的に記録用紙に転記されます.実施者は回答用紙と記録用紙の接着をはがして,記録用紙上で採点を行います.
  • 記録用紙には6つの下位尺度とその配点が色分けして示されているので,総得点と各下位尺度の得点を間違えることなく確実に採点できます.
  • 石川信一先生に使用手引をご執筆いただきました.子どもの不安症,日本語版SCASの作成,最新の研究結果をまとめていただきました.
 原版著者  Susan H. Spence
 日本版作成  石川 信一
 実施時間  5~10分 整理時間:2分
 適用範囲  小3~中3
 質問項目  38項目
 用紙セット  5,400円(5,000円+税8%)
 ※テスト用紙30部+使用手引1部

 

一覧に戻る

Category -個別検査, うつ・ストレス・不安