BVRT ベントン視覚記銘検査

061_benton_set_B

三京房

 特徴
  • 高次脳機能障害のスクリーニングとして使われる視覚性記憶の優れた検査である
  • 言語の関与が少ないので、言語機能に障害がある被検者の記憶評価にも有用である
  • 反復施行しても、きわめて高い安定性、再現性をもつ信頼性のある検査である
  • 神経心理学的バッテリーの中でも最も頻繁に用いられている
  • 言語記銘ではなく図版記銘のテストで、1つの図版形式は10枚の図版からできている
  • 同質の図版形式が3組あるから、練習効果と習熟の可能性をさけて再検査ができる
  • 施行A(10秒提示再生)、施行B(5秒提示再生)、施行C(模写)、施行D(10秒提示15秒後再生)の4つの施行形式がある
  • 採点方式は正確数と誤謬数の2方式で、誤謬数は省略・ゆがみ・保属・回転・置違い・大きさの誤りの6部門(63種)に分類される
  • 正確数は全般的成績水準を評価するために用いられ、誤謬数は詳細な質的分析をする場合に用いられる
 原著者  A.L.ベントン
 日本版作成  高橋剛夫
 適用範囲  8歳~成人
 実施時間  約5分
 セット  17,280円(16,000円+税8%)
 ≪セット内容≫  図版(形式Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)、使用手引、記録用紙(100枚)、描写用紙(200枚)
 使用手引(新訂版)  5,400円(5,000円+税8%)
 記録用紙  3,780円(3,500円+税8%)
 (100枚)
 描写用紙  2,160円(2,000円+税8%)
 (200枚)

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 記憶, 精神・リハビリ・認知