小学生の読み書きスクリーニング検査(STRAW)

0252-225x300

インテルナ出版

 特徴
  • 発達性読み書き障害(発達性dyslexia)の検出を目的とした日本で初の検査
  • 学習障害の中核障害である「発達性読み書き障害(発達性dyslexia)」を診断評価するために必要な学習到達度検査である 
  • 読み書きに関して通常の小学校に通う、約1,200名のデータをもとに基準値を作成した 
  • レーヴン色彩マトリックスや標準抽象語理解力検査との関連についても記載されている 
  • 学習障害と同様、今まで客観的な評価基準がなかった小児失語症の読み書きの評価においても有用である  
 著者  宇野彰、春原則子、金子真人、Taeko N. Wydell
 マニュアル  1,944円(1,800円+税8%)
 記録・答案用紙  全学年セット       5,940円(5,500円+税8%) 
 1年生用(20名分)    1,080円(1,000円+税8%)
 2・3年生用(20名分)   1,080円(1,000円+税8%)
 4年生用(20名分)    1,080円(1,000円+税8%)
 5年生用(20名分)    1,080円(1,000円+税8%)
 6年生用(20名分)    1,080円(1,000円+税8%)
 お知らせ  改訂版が発売されました。 記録・答案用紙は在庫限りの販売となります。

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 発達・適応・行動, 言語, LD・ADHD