S-S法 言語発達遅滞検査

SS_4_0new

エスコアール

 特徴
  • 発達レベル1歳前後~小学校就学前後まで、言語の記号形式-指示内容関係の段階に即した一貫した評価ができる
  • 検査結果を健常児の発達と対照する事が可能
  • 検査結果は、そのまま言語訓練と直結した臨床評価になる
  • 言語記号未習得児の、言語習得以前の検査も可能
  • 言語発達遅滞児の臨床上の指針となる
 著者  東江浩美、飯塚直美、大西祐好、知念洋美、東川健、原広美
 編著者  小寺富子、倉井成子、佐竹恒夫(言語発達障害研究会)
 用具  Aタイプ:54,000円(50,000円+税8%)
 Bタイプ:63,720円(59,000円+税8%)
 Cタイプ:72,360円(67,000円+税8%)
 検査法  国リハ式<S-S法>言語発達遅滞検査マニュアル(改訂第4版)
 4,860円(4,500円+税8%)
 検査フォーム カラー版  2,484円(2,300円+税8%) 
 内容:5名分(21種類1組×5)

一覧に戻る

Category -個別検査, 言語