ウエクスラー記憶検査(WMS-R)

 wms_r

日本文化科学社

 特徴
  •  国際的に最もよく使用されているウエクスラー式の記憶検査。記憶のさまざまな側面を測定することができ、認知症を始めとする種々の疾患の記憶障害を評価するのに有効
  • 言語を使った問題と図形を使った問題で構成され、13の下位検査がある。「一般的記憶」と「注意/集中力」の2つの主要な指標、および「一般的記憶」を細分化した「言語性記憶」と「視覚性記憶」の指標が得られる。また、「遅延再生」指標も求めることができる
  • 検査問題を原版に忠実に翻訳し、標準化も原版と同じように行ったので、海外の研究との比較が可能
  • 標準化の際には、すべての被検者にWAIS-Rを実施しデータ分析したので、知能との関係をみることができる
 原著者  David Wechsler
 原版出版社  Harcourt Assessment, Inc.
 日本版作成  杉下守弘
 適用年齢  16~74歳
 所要時間  45~60分
 コンプリートセット   86,400円(80,000円+税8%)
 ≪セット内容≫    検査用具、検査法、記録用紙20名分(コンプリートセットは、専用の箱入りです)
 検査法  5,400円(5,000円+税8%)
 記録用紙  8,640円(8,000円+税8%)
 (20名分)

 

 

一覧に戻る

Category -個別検査, 記憶